ずっと靄がかかったかのような世界観。
主人公が過ごした幼少時代を思い出し、語りかけるように物語は進んでいく。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

あらかじめ自身の将来が定められてると知った時、
ごくありふれたように見える「向こう側」へは行けないと知った時、
彼らは泣き叫んだり、暴れたりすることなく、静かにそれを受け入れた。

近い将来、声を掛けられ、使命を全うする。
先の大戦で散っていった私たちの先輩方が残した記録では、
終わりが来ることを受け入れた時から、
日々の何気ない生活が色鮮やかに映るようになったという。

主人公は、日々の共同生活での仲間たちとの関わり合いの思い出を丁寧に語る。
全体を通してひんやりとした世界の中で、旅先でレコードを買いに行く光景は
そっと日が差したかのような暖かさを感じた。

覚えてるか、キャス?先生はロイにこう言った。絵も、詩も、そういうものはすべて、作った人の内部をさらけ出す……そう言った。作った人の魂を見せる、って


そして時は流れ、仲間たちは共同生活を終える。
淡々と自身の役割をこなしていた主人公は、仕事先で偶然かつての仲間と再会する。

徐々にあることに思い至りました。
それは、時間切れ、ということです。
やりたいことはいずれできると思ってきましたが、
それは間違いで、すぐにも行動を起こさないと、
機会は永遠に失われるかもしれない、ということです。


ある望みを掛けて、彼らは仲間の協力と記憶を頼りに、ある人物へ会いに行く。
それぞれの立場の者たちが、それぞれの真意を語る。

新しい世界が足早にやってくる。科学が発達して、効率もいい。
古い病気に新しい治療法が見つかる。すばらしい。
でも、無慈悲で、残酷な世界でもある。
そこにこの少女がいた。目を固く閉じて、胸に古い世界をしっかり抱きかかえている。
心の中では消えつつある世界だとわかっているのに、それを抱き締めて、
離さないで、離さないでと懇願している。わたしはそれを見たのです。


現実の世界でも人の数だけ生き方は異なっており、
あまりにも住む違う世界が違うと感じる人たちもいる。
どれだけ相手に寄り添おうとも、その人に代わることはできない。
反対に、どれだけ相手が意を汲んでくれることにありがたみを感じようとも、
その人が自分の代わりになることはない。
自身を律して役目を全うしていく以外に救いはないのだと思う。

「追い風か、逆風か。先生にはそれだけのことかもしれません」
とわたしは言いました。
「でも、そこに生まれたわたしたちには人生の全部です」


決して声を荒げることはないが、そこにはやり場のない静かな怒りが滲んでいるようにも感じた。


一見、ビジネスや政治・行政の前線とは無縁なように見られがちな「美意識」は、
実は物事の意思決定の質やスピードに重要な影響を持っている。
そしてその美意識への価値は今後更に高まっていく。

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

背景

著者は、世のエリートと呼ばれる層が美意識を鍛え始めている背景として以下のように説く。
ビジネス環境への認識は
1.論理的・理性的な情報処理スキルの限界が露呈しつつある
2.世界中の市場が「自己実現的消費」へと向かいつつある
3.システムの変化にルールの制定が追いつかない状況が発生している


具体的には、論理的思考を起点とする「正解」は誰もが導き出せるようになり、
コモディティ化したことが挙げられる。
差別化できなければ、企業も、個人も収益を生み出すことはできない。

また、世界はますます複雑に、不安定へと向かっており、
従来のサイエンス寄りの思考法だけでは解にたどり着けない。

ビジネスや政治の世界において、最前線の足元は不確定である。
このため、明文化されたルールや法律だけを拠り所にするのではなく、
内在的な真善美を判断するための美意識に照らして判断する態度が必要となってきた。

そもそも欧州のエリート養成校では、哲学に代表される美意識の育成が重んじられてきた。
論理的に考えてもはっきりシロクロがつかない問題の代表と言えば、これは典型的に内政と外交ということになりますが、これら二つを担うことを期待されるエリートの育成にあたっては、欧州のエリート養成校では、特に「哲学」に代表される「美意識の育成」が重んじられてきたという経緯があります。


ということで、美意識を鍛えよ、というのはポッと出のアイディアではなく、
欧州の国家運営でも十分に実験されてきた概念だ。
日本においても、
二宮尊徳は「道徳なき経済は罪悪であり経済なき道徳は寝言である」と説き、
日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は「論語と算盤」と説いてきた。


運用

著者はミンツバーグの主張を引用している。
経営における意思決定のクオリティは「アート」「サイエンス」「クラフト」の
3要素のバランスと組み合わせによって大きく変化する。
トップに「アート」を据え、左右の両翼を「サイエンス」と「クラフト」で固めて、
パワーバランスを均衡させる。


ただし、アートとサイエンスが対立し、利害関係者へ説明を求められた際は
必ずアートが負け、サイエンスが勝つ。
代表的な例が、アップルでのスティーブ・ジョブズの追放劇や、
クックパットにおけるお家騒動である。
サイエンスが勝つと、利害関係者に対して短期的には恩恵を与えることになるが、
中長期的には痩せ細り、やがて枯れていく。
なぜならばサイエンスそのものには、利害関係者を高揚させる
力の源泉を生み出す力がないからである。
このため、アートをサイエンスとクラフトが支える形態をとる必要がある。

アートは経営トップが担うか、直轄領のような形で経営における
アートの担い手を指名することで実現させることになる。
国内ではユニクロ、無印良品、マツダが挙げられ、
またラグジュアリーブランドの経営では既に一般的な統治形態とされている。


効果

従来からのサイエンス、クラフト重視の経営だけでも大変なのに、
アートの要素を入れてしまっては負荷が増大して悪影響があるのでは、
という先入観は真っ向から否定される。

高度に複雑で抽象的な問題を扱う際、「解」は論理的に導くものではなくむしろ美意識に従って直感的に把握される。そしてそれは結果的に正しく、しかも効率的である。


さらに別の説明資料として、前頭葉を損傷して感情の起伏を
失ってしまった人間の調査結果があった。
感情を失ってしまうと、物事の取捨選択の速度が低下するのだそうだ。
ちょっと意外。
感情によって反射的に選択肢を絞り込む機能が働かなくなることが原因とされる。

そして、この美意識への価値が相対的に高まってきた時代に
大きな恩恵を受けるのは実は日本であると紹介している。

ストーリーと世界観を天然資源のように豊富に持っているのが日本である。
日本の美意識はフランスと並び世界最高水準にある。事実はどうであれ、
「日本は神秘的で美しい国」という認識を多くの外国人が抱いている。
マーケティングは認識が全てであり、正しいかどうかは問題ではない。
「美しい誤解」であれば、その誤解を徹底的に利用することを考えた方がいい。

言語化できることは、全てコピーできる。
コピーできるものは競争力の源泉にはならない。
一方で、ストーリーや世界観はコピーできない。


たしかに、周囲を海に囲まれたことも幸いして2600年以上生き永らえている日本には、
独自の宗教、価値観、生活感がある。
(最も優れているかどうかは知らないし、測定方法もないし、順位づけの必要もない)

また、なんでも馬鹿正直に訂正するのではなく、
都合よく誤解してくれているのであればそのまま活用すれば良い。
結果が後から付いてくれば、辻褄が合うのでそれで良い。

我々が今後どのように打って出るかに際して、特に気をつけなければいけないことがある。
「選択と捨象」
選択したら、あとは捨てる。

膨大なコンテンツを日本は抱えている。
日本人ですらその全てを網羅することができないのだから、
ツアーに訪れる人たちに向けて盛り沢山のコンテンツを提供しても混乱するだけだ。
渡航者はそれぞれ関心事が異なる。
同じ人物であっても次回は違うテーマを持って訪れるかもしれない。
このため、その用途に応じたプランを複数用意する必要がある。
各プランは主軸とするテーマに沿ったストーリーを構築できているか入念に検証したい。


その他

以下、印象に残った言葉。
新しいビジョンや戦略も与えないままに、真面目で実直な人たちに高い目標を課した結果行き着く先は、イカサマである。

「システムに良く適応する」ことと「より良い生を営む」ことはまったく異なる。

悪とは、システムを無批判に受け入れることである。

システムの内部にいて、これに最適化しながらも、
システムそのものへの懐疑は失わない。
そして、システムの有り様に対して発言力や影響力を発揮できるだけの
権力を獲得するためにしたたかに動き回りながら、
理想的な社会の実現に向けて、システムの改変を試みる。
これが現在のエリートに求められている戦略であり、
この戦略を実行するためには、「システムを懐疑的に批判するスキル」
としての哲学が欠かせない、ということです。

哲学から得られる学び
1.コンテンツからの学び
 →哲学者が主張した内容そのもの
2.プロセスからの学び
 →そのコンテンツを生み出すに至った気づきと思考の過程
3.モードからの学び
 →哲学者自身の世界や社会への向き合い方や姿勢
真に重要なのは、その哲学者が生きた自体において支配的だった考え方について、
その哲学者がどのように疑いの目を差し向け、考えたかというプロセスや態度である。


リーダーは自分が率いる人たちを「酔わせ、舞い上がらせる」ことが求められる。
そのためにはレトリックの力が必要である。
詩はメタファー(比喩)の引き出しを増やすことでレトリックを学ぶことができる。



蛇足

とても狭い話なのですが、自室に置く家具・家電は種類、サイズ、色、
形、質感、配置にやたらとこだわるタイプです。
一言で言うならば「それそのものが、単に配置されているだけで鑑賞に耐えられるか」です。
ただし、ランニングコスト(主に片付けと掃除)はできるだけ掛けずに過ごしたい、という
思いも同じくらい強いので、常に葛藤し続ける日々です。
都市も産業も、集積と分散を行き来して発展していく構図は、自室も同じみたいです。


反重力建築展にお邪魔してきました。

本展の世界観を作者解説から引用。
1962年のキューバ危機をきっかけに米ソ間で第三次世界大戦が勃発した。
強力な核兵器が使用され、世界中の大地はひび割れ海に沈みつつあった。
だが人々は結束し反重力を作り上げ、空へと逃げ延びた。
しかし、戦争は終わらなかった。
アメリカ、ヨーロッパを中心に「東の連邦」が誕生する。
一方でソ連、中国、日本を中心に「西の連邦」が作られた。
二つの連邦は互いに平和を求めず、絶え間ない戦争が繰り広げられた。


日常に存在する重厚な建築物が一つの塊を形成して浮遊する世界。
重力から解放されても、浮遊都市や船舶に集い続ける人々。
対立構造からは変わることなく次第に戦争へと再び向かっていく。

重力から解放され、遠巻きに都市を眺める主人公がいる。


全作品がモノトーンで緻密に描き込まれており、
世界観と相まって何ともいえない魅力を醸し出している。
大変惹かれるものがあったので引き続き作者の動向に注目したい。


公式サイトはこちら。
反重力建築展


読了とは恐れ多い。
1周目が終わったということで。
平易な表現で噛み砕いて書いてくれているので、勘所を掴むために良書だった。
本書の著者も言うように、知識と経験は両輪として機能させるべきものであるので
継続して分析と実践をしていかねば。

運、タイミング、テクニックに頼らない!  最強のファンダメンタル株式投資法
運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法

以下は要点をピックアップしたメモ。
順次整理して、噛み砕いていく。

・投資先候補のピックアップは昇格サイン"カタリスト)をどの程度持っているか

・中期計画等により業績面、割安度を検討し、どの程度の額を投資するかを検討する

・割安成長株とは、売上・利益が毎年(できれば3年以上)10〜30%程度
増える可能性があると見込まれるのに株価があまり反応していない状態にある企業を指す。

・中期(3年程度)の予想株価の算出方法は、東証一部の平均PER=15として
中期計画のEPS×PERから求める。

・ROEそのものは株価と連動していないため、数値そのもので投資対象として
判断は出来ない。ただしROEが8%より低い銘柄において、
今後ROEを高める政策をすると見込まれる場合は魅力が高まるので投資対象とすることが可能。

・配当性向が100%を超えている企業は、増配余地が少ないため株価下落の懸念がある。

・下半期に増資をした場合、当期は残期間への影響に留まるが、翌期は丸一年影響を受ける。

・IFRS適用による大きなポイントは売上高とのれんの概念。
売上高は、日本基準では総額計上であるのに対し、IFRSでは純額計上となる。
のれんは、日本基準では20年以内の償却となり、IFRSでは償却せず、減損損失時に一括計上される。

・適時開示情報を見るように。

こちらが参考になりました。
ありがたやー

Pocket
Makky 防戦一方 - ブログ記事に「Pocket」ボタンを設置する
参考サイトにて記事毎のボタンを生成する方法が記載されているものの、
WordPressを前提とした記述なので、当JUGEMではここからパーマリンクの取得方法を得た。

Facebook
REX - サイトやブログに「いいね!」ボタンを実装してFacebookからのアクセスを集めよう!


自分の中で、ですけど。

収集したコンテンツの整理と発信は、
実はblogが一番優れたSNSなんじゃないかと思うようになって来た。
自分も含め、多くの人が普段からいくつかのSNSを並行で利用している。
主なSNSの使い分けは、こんな感じ。

LINE
通信会社に制約されないSMSとして利用する。
自分にとっては「既知の分野」に対するinputとoutputが主体。

Twitter
「今」のあらゆる人、会社、団体、国が何をどう認識しているのかを拾うために利用する。
自分にとっては「最新」や「未知の分野」に対するinputが主体。

Facebook
そこそこプライベートを公開しても良い関係にある人に対して、
互いの近況を発信、拡散する場として利用する。
自分にとっては「既知の分野」に対するinputとoutputが主体。

Tumblr
インターネット版スクラップブック。
個人と他人、時間軸、地域の境界線は曖昧に溶けている。
ニュースやblog、Twitterなどのあらゆるメディア・SNSから切り抜かれた
文・画像・動画が集積していく。
濃淡はさておきなんとなく関心のある分野の情報が流れ着くのを
ぼんやり眺めるために利用する。(中毒性が高い)
自分にとっては、「未知の分野」に対するinputが主体。

Booklog
書籍の読書状況を管理するサービス。
利用者ごとに仮想の本棚が用意され、読みたい本、読んだ本、
積読などのステータス管理ができる。
気になる文言の引用文や感想をオンラインに残しておくことができる。
自分にとっては、「未知の分野」に対するoutputが主体。


outputが少ないのが現状で、これは不健康だなと思っている。
これらの挙げたSNSそのものは、決して情報発信が出来ないわけではないのだが、
膨大な情報を受け取っているうちに、
わざわざ自分がさらに発信しなくてもいいのではないか、
という惰性がどんどん生まれてきてしまう。

また、FBなどで発信をする場合は顔見知りの人が読むので、
ある程度気を使ってネガティブな内容は避けようとしたり、
表現方法自体も限られるのでその調整が面倒になってしまう。


そこでblogの再評価となる。

blogは投稿者が自分だけである場合はタイムラインに流されることはない。
自分が発信しなければ、「発信していない」という事実が発信される。
表現方法も相対的には豊かである。
写真や図表の他にも動画等の埋め込みができる(たしか)
必要以上に他者の目を気にしなくても良いので突拍子も無い発信があっても良い。
(誹謗中傷は言うまでもなくNGですが。)

それぞれのSNSの特性を活かしながらblogを中核に添える形で模索していく。
整理したいことは諸々あって、それをもってin/outの好循環を作っていきたい。
メアリー・バフェット,デビッド・クラーク
日本経済新聞出版社
¥ 1,836
(2002-05-20)

書籍名: 億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

範囲:
 ・第1章 市場からの永遠の贈り物——短期指向と悪材料現象
 ・第2章 バフェットが重視する優良企業とは
 ・第3章 コモディティ型企業は避けよう
 ・第4章 消費者独占型企業とは——バフェットの富の源
 ・第5章 消費者独占型企業を見分ける8つの基準
 ・第6章 消費者独占型企業の4つのタイプ
 ・第7章 絶好の買い場が訪れる4つのケース

要点:
・企業タイプは2つに分類され、消費者独占型企業を投資対象として選ぶべきである

・消費者独占型企業
 →強いブランド価値を持っている、もしくは市場であたかも独占企業のような強いポジションを有している企業
・コモディティ型企業
 →差別化されていない、付加価値の小さな製品やサービスを提供する企業
p19


・投資対象となる企業は2つのケースがある

銘柄選択の鍵は、まだ誰も気付いていない、規制のない水道事業(独占的事業の意)を営む企業を見つけるか、消費者独占力のある企業の株価を市場が悪材料に過剰反応して不当に売りたたいた時に投資するかの、いずれかということになる。
p39



疑問点:
・取り扱う商品がコモディティである企業が消費者独占型企業と分類される条件は何か
 例:コカコーラ、ウォルマートが取り扱う商品自体はコモディティである


(追記:)
続きを読む >>
1